グッドジョブ本人

こんなにも世の中には良いものや面白いものがあふれていたということをやんわりと残す

共感やめろ、地獄インターネット2018

インターネットは地獄ですなあと感じる機会が増えた。

ここ数年ネットの地獄はいたるところで目にしてきた。やたら炎上の着火が早くなったよねとか、コピペbotだとか、メディアモドキとか。しかし最近になり、新たなジャンルの地獄も頭角を表してきているような気がする。

数日前に「子供嫌いの言い分」というツイートが大きく拡散された。「公共の場で騒ぐ子供に対して何も言わないでいる親は甘えていてクソ」というその主張は相当数の賛同も得ている。これは先月子供が産まれた我ら夫婦にとって「どこ歩いたら世間様は許してくれるんや…」と絶望するには十分すぎた。産後の育児アドバイスとして「子を騒がせておくことで鎮める」というのを聞いた直後なだけに、なおさら。

そして子供嫌いとタイミングを同じくして、RADWIMPSが愛国心を爆発させた歌を発表。両翼こんがらがる混沌のタイムラインを構築してみせた。野田洋次郎の主張ツイートを見ながら、「音楽の才能に恵まれたほうのおれたち」的こじらせツイート好きだったのに残念だなと、勝手ながら思った。

子供嫌いマンと洋次郎、案件自体はしんどいが、まあよくある“物議を醸した話”だ。でも、それらを起点に広がる世界は無限地獄さながらで、底の見えないつらみの入り口みたいだ。どちらも賛同者が共感という棒でガンガン反対意見を殴り、当の発信者は「一部に誤解を与えたのは悪かったけど理解は得られたよね」的なことを言い放ちさっさと自己解決して。残された現場には禍々しい気持ちがわだかまったままだ。

この消耗戦シリーズ。一時的なしんどさどころじゃない。こんなの続いても明けない夜なんて果たしてくるかねという暗澹たる気持ちになりませんか皆さん。

少し前まで、ネット炎上とはよくも悪くもひとつの敵を決めつけ、そこに向かって有象無象が激情的または愉快犯的に集中砲火し焦土化するフローだった。それが最近の騒動は火の出や広がり方も下火もすべてすっきりしない。手打ちなき後味の悪さが、当事者や通行人にじんわりと染み込んで私たちの明日に付き添う。システムがそうさせるのか加担者に想像力がないのか知らんけど、悪意まで安直に拡散されてしまっているような今日このごろが、どうもいやだな。

これから先、ウェブのコミュニケーションはどうなっていくだろう。インターネットを手に入れて以来、私は新トピックが出るたびいつも期待を込めてそう考えていた。でも、最近はそれを不安まじりで考えている。