グッドジョブ本人

丁寧に生きている記録

歩みを止めないTHE YELLOW MONKEY、「Four Seasons」まんまの雨宮まみ

再結成したTHE YELLOW MONKEYが、2度目となるツアーをスタートした。主要都市のアリーナを経て地方都市のホールを巡る彼らは、今回も観客に「ただいま!」と言って懐かしの楽曲を次々と演奏する。このツアーのセットリストはヒットソング祭りではなく90年代から追い続けるファンへのご褒美みたいな内容で、私は中学時代ぶりに聴く曲なんかに大感謝祭スタイルキメながら、今のイエローモンキーに抱く新鮮さというものを改めて実感していた。

例えば解散前は一度もライブで披露できなかった別れ歌「プライマル。」を2016年ツアー最初の演奏曲、再会を象徴する1曲へと着替えさせたように、再集結イエローモンキーは本人やファンがほろ苦い想いを背負わせた曲をどんどんどんどん祓っていく。一度貼られたレッテルを剥がし、楽曲や自分たちをドラスティックに更新していく様子を毎回目にすることができるなんて、なかなかない機会だと思う。だから私は今こそイエローモンキーが見逃せないでいるわけで、このツアー終わったら年末には武道館で恒例コンセプトライブ「メカラウロコ」でしょ?大晦日紅白だし年明けたら幕張CDJで…アニバーサリーイヤーらしい2017年はもう絶対東京ドームだよね!だって解散前ラストライブのギグ場だもん、絶対やってみせるよ猿たち~~~~~~~~!!!!!!!!

雨宮まみさん、私はそんな話をしたかったのです。会ったことない私たちがインターネット以外で唯一近付けたブロスのコラム、こんなひょっとこをめちゃくちゃ丁寧に誘いつつ「おれたち同じリングで書くんすよ!!!」と小気味よく発破をかけてくれて。なのに誌面での日記帳しばき合いマッチは決着が付かなかったから、私は「自分、今回のツアー行けたんで…(パンフをスッ)」とマウント取るつもりだったのに!数日経った今夜もひたすらに悲しくて、いつかの口(ですらない)約束を交わしっぱなしにしていた自分への悔しさにもたまらないでいる。

少し前のこと。THE YELLOW MONKEY復活ライブを初めて観た翌月に、私は雨宮さんにも再集結バンドとまったく同じ感動を抱いたことがあった。Web連載「40歳がくる!」第2話だ。

www.daiwashobo.co.jp

ボイトレを通じて自らが変わる瞬間をありありと描いたテキストは、私に「自分を更新する」ということの大変なむずかしさ、達成感のハンパなさを刺激的に教えてくれた。「なんか2016年の音楽すごい!と思っていたけれど、それだけじゃないな!今年は人間がすごいな!」と思ったし、育みをもったコンテンツのリアルタイム更新をこれからライブとテキストで眺めていられるってことにすごくワクワクした。していた。

そして昨日のこと。とあるイベントに足を運んだものの、まったく気乗りしないどころか、聞こえてくる会話の節々に雨宮まみが連想され泣けてしまう始末だった私は、結局途中で会場を後にした。しかし自転車にまたがったあたりで、いま自分が雨宮さんから「ここやばくないすか。持ち込みOKなんすよ」と教わっていたカラオケ店の近くにいることに気付く。「こうなったらとことん!」と気持ちを切り替え、私はコンビニでちいちゃいウイスキーのボトルを買ってからカラオケ屋に入店。幻のイエモンカラオケ会のゴングをひとりで鳴らした。

誰も「Are You Ready Spark!」と言っちゃくれない2時間は、思ってた以上に悲哀に満ちた。「このバンドこんなに生きるとか死ぬとか言うのか!勘弁しろ!」と思ったし、「花吹雪」で「雨上がりのアスファルトが嫌いになりそうなエロティックな香り」の部分ホントやばいよねって書いてたねそう思ってたんだ私も!みたいなログがDAMの字幕とともに流れたりで、しかもテーブル席の向かいには誰もいないしでもうビシャビシャだった。歌いながら気付いたけど「Four Seasons」の歌詞なんて彼女そのものやないか。そんなふうだから、商業エッセイだと「カラオケ店を出た。月が綺麗で、私は不思議と安心した」みたいなところに着地するであろう退店時に、私はベロ酔いのまま友達にLINEをぶつけるという試合運びをキメた(ログは怖いからまだ見返してない)。 

このあいだ友達が自殺し、悲しさと、遺された者が抱える疑問符の重たさを痛いほど知ったばかりだ。同時に「でも普通に自分は生きてるし、明日も来る」ということも。だからもう、雨宮さんに吉澤嘉代子の「東京絶景」という曲を聴くたんびに雨宮さんの東京ってこんなふうかな?っていつも思うんスよと話すチャンスは来ないし、「40歳がくる!」で撮ったという写真の表情だけでも見せてくださいと大それたお願いをすることもないとわかってる。3.11を経てあれほど誓った「今やれること今やろう」をないがしろにした結果のルートなんだこれはと受け止めた。この悲しい気持ちはこれからも続く。

でも、ここで留まっていたら、それはいよいよ本当によくなくて。あの人が命を削るように書いてきてくれたものを受け取ったファンの1人としては、ここをきっかけにして何らかの更新につなげていこう。共通項としてあったあのバンドは幸いにも解散しないそうなので、折に触れるチャンスにも恵まれているぞ。そうだそうだ、おお、なんかテンション上がってきた!今夜準備ALRIGHTだ!