グッドジョブ本人

丁寧に生きている記録

私なりの新生活応援フェア〜暮らしを彩ったキッチンのアレ達〜

春はあけぼの、明けない夜はなさげ。そんなわけで明るい未来の参考に、今まで生きてきた中での学びを共有したい。

「肉じゃが作れるとモテる」は幻想だった、けど

上京前に人生の先輩から「和食、特に肉じゃが作れるとモテるよ」ってありがたい助言をいただいた。モテたかったからガンガン作りましたね、「この人参フレッシュだ?!」って歯ごたえの豚汁を、芯のあるイカした肉じゃがを。結果はまあイタリアンとかスパイスなんちゃらみたいな舶来ごはんを挙げる人のほうが確実だった。作る場面に持ってくほうが重要だよって気付いたときにはもう別の流れで結婚できてた(過去形)。

でも和食を手にしていいなと思ったことはいくつもある。いわゆる茶色いおかずは調味料のバランスが一緒なんで応用が効き、いちいち日持ちしてお得。かつメシとして優しさに満ちてるから、身近な人が寝込んだときにすぐ雑炊だうどんだと出せると役に立ててよかったと思えたり、海外旅行でもこういう味付き粉末の調味料持参すれば現地スーパーの品で肉じゃがを作って安心できたりする。そんなこんなで、レシピだけでなく米のとぎ方とかいろいろな基礎も書いてあるこの本は未だに手放していない。

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)

基本の和食 (オレンジページブックス―とりあえずこの料理さえ作れれば)

 

測れる器具で準優勝

これまでやらかした多数の料理事故のうち、「レシピに書いてある数字を守らない」は事故原因のトップだ。市販のレシピ本に書かれた時間と文量をおざなりにするとピンとこない味になるし、食べログのレシピも数字があやふやなものを候補から外したほうが成功確率高い。「小さじ1=5ml、大さじ=小さじの3倍」だけでも覚えて帰ってくださいみたいな気持ちになるくらい。で、和食は「だし汁300ml」とか、ワンカップ(200ml)以上の汁を測る機会が多い。なのでカップは200mlよりも上のものを使うのがお勧め。

パール金属 ENJOY KITCHEN 大きい目盛 耐熱計量カップ 500ml 【日本製】 C-4742

パール金属 ENJOY KITCHEN 大きい目盛 耐熱計量カップ 500ml 【日本製】 C-4742

 

目盛りは鍋にも付いてるものがある。雪平鍋をはじめ、そういうものをストックしておくと袋ラーメンとかを作るときなんかにも数字がわかってラクだ。

とにかくジップロック大量買いで

使わないときは重ねておくことで省スペースになるジップロックの箱物には本当に世話になってきた。特にスクリューロックはフタをすれば汁物でも漏れないので今も弁当などで大活躍している。ジップロックコンテナは最近新しくなって耐久性が、みたいなことが指摘されているけれどスクリューロックだけはおれたちを裏切らない。容量がバリエーションあって、各々の胃袋に適したサイズを変えるところもありがたい。

ジップロック スクリューロック 保存容器 473ml (2個入)

ジップロック スクリューロック 保存容器 473ml (2個入)

 

ベランダハーブ菜園ことごとく滅ぼしマンの反省

のびやかな気持ちで西友とかに足を踏み入れた春の日。入り口手前で100円200円のミント、バジルなどなどが売られている。日差しの下で小さき緑は美しく、しかも安い!って具合に発熱して私は3年に一度くらいのペースで購入し、毎回それらを夏前には皆殺しにした。収穫量はそれほどではなく、ちみちみしたケアが必要で、虫にもやられる。「いいことなんて、1つもなかった…」と安くてデカいプランターの処分に困る暮らしを何度繰り返したことか。

そんな感じで、ベランダでハーブみたいなのはほとんどやめておいたほうがいいのだけれど、ローリエ(月桂樹)とシソ(大葉)だけはアリ。ローリエは雑に扱ってもほとんど枯れず、毎年春になるとしっかりと葉を増やしてくれる。コンソメスープとかカレーライスを作る際に一枚ペロッと入れておくだけで洋風の滋味が出るので、毎年お世話になる(ただし花屋に並ぶものは葉を手でこすっても香りがつかないくらい弱く、楽天とかきちんとしたハーブ屋で苗を買うほうが無難)。一方のシソは春〜夏の期間限定だけれど、水だけやってりゃ東京のスーパーだと5枚100円みたいになってる葉がワッサワッサ出てくるので使いでがある。毎年シソは1つ2つ買ってくるようにしている。

フライパンを鉄製にする理由が見当たらない

10年くらい人並みに自炊してきた中で思うんだけど、やっぱり家庭用コンロで鉄パン使う必要性ってあんまりないんじゃないだろうか。「火の通りが違う」というのはもっともだけれど火加減は難度高いし、毎回油になじませたりのケアも大変だし…テフロンのものを数年ペースで使い変えながらのほうが精神衛生上いい気がしている。

掃除はビャーッもしくはシュッ

キッチンは掃除が本当にめんどくさい。こまこましたものをどかした先に油汚れとかがあったりなんだり…ベターライフでおなじみ「&Premium」で「ゴトクは毎日洗う」とか書いてあって「そんなの丁寧な暮らしすぎる無理!」て思った日もあった。いろいろ試した結果、掃除は粉と泡で放置という方向で進めさせていただいてる。なんでもやんわり吸い込んでサラリと拭き取れる重曹に、

カネヨ石鹸 マルチクリーナー 重曹ちゃん 粉末 1kg 計量スプーン付

カネヨ石鹸 マルチクリーナー 重曹ちゃん 粉末 1kg 計量スプーン付

 

排水口がヌメったり臭ったりする前に泡ハイターをぶっかけて放置。これだけでだいぶラクだ。重曹は油の多い料理のあとにも使える。

キッチン泡ハイター 台所用漂白剤 ハンディスプレー 本体 400ml

キッチン泡ハイター 台所用漂白剤 ハンディスプレー 本体 400ml

 

もし年季の入ったキッチンだったら、 排水口のゴミ受けはステンレスに変えておくといいかもしれない。それまでネットを付けて定期的に交換していたけど、泡ハイター後に水で流せば残ったゴミがねばりつかないのでゴミ袋にポイッとやれる。

Belca 流し用ステンレス浅型ゴミカゴ 135タイプ SP-202

Belca 流し用ステンレス浅型ゴミカゴ 135タイプ SP-202

 

ケトルなしで生きない

最後は最近の暮らしの中で知ったもの。初めて電子ケトルというものを触ったら手放せなくなってしまった。「別にコンロもやかんもあるしな」と思っていたけれど、程よいサイズで手軽にお湯のラクっぷりを知ったらもう手放せない。もう離さないぞ。

 私からは以上です。よろしくお願いします。

アーティストとの適切な距離感考2、またはANOHNIとの文通

f:id:biftech:20170326215305j:image

ANOHNI(アノーニ)というアーティストがいる。先日、新作PARADISE」をリリースした。Apple Musicなどで6つの収録曲を聴くことができるんだけど、内容はビョークの「Homogenic」をよりシリアスにして、社会的なメッセージを詰めたらこうなるのだろうか、といった感触。で、本作のリリースにあたってアーティスト本人がこんなメッセージを発表した。

「『PARADISE』は7曲入りの作品です。本作の最後のピースとなる『I NEVER STOPPED LOVING YOU』を聴きたければ、あなたが何を案じているのか、もしくは未来にどんな希望を抱いているのかを書いてこちらにメールしてください」

アントニーの変容

ANOHNIは、アントニー・ヘガティのソロプロジェクト。00年代にはAntony & the Johnsonsという名義で親しまれていて、そっちは生々しく人間美を追求したアートワークの通り、感受性つよつよリスナーを根こそぎ掻き乱していく超絶美メロと中性的な声が特徴的な“うたの人”だった。

www.youtube.com

そんな彼女がANOHNIと名乗り、アルバム「Hopelessness」を昨年リリースした。歌詞は愛とか恋とかラララララをそのまま書くではなく、社会への問いかけを隠さないストロングスタイルに変形し、楽曲もメロディ追求のクラシックなものではなくて電子音でぶん殴るっていう格好に化けた。

「音楽に政治を持ち込むなよ」原理主義者であり、かつアントニーズのいちファンである私としては、彼女のメタモルフォーゼがアンバランスで、いびつに感じた。めちゃくちゃイヤだった。

そして2017年3月になってANOHNIはいきなり新作「PARADISE」を放つ。アントニー含む9人の顔をスクエアに並べたジャケットは不穏で、楽曲は当然社会的…というかドナルド・トランプと彼らがもたらす男性至上主義に対するバッキバキにアゲンストな感情をたっぷり反映させた、より輪郭のしっかりしたメッセージ作品になってる(詳しくは下記声明文をご覧ください)。

www.facebook.com

文通の行方

Apple Musicを通して聴いた「PARADISE」の6曲はどうしたって美しくて、どう聴いてもうるさく感じた。だもんで最近は聴き放題サービスにも恵まれているし、もともと好きだったチェンバーな楽曲はこれまで通りルーファス・ウェインライトにまかせていこうか…みたいな気持ちにもなった。

しかし「私の音楽があなたにどんな影響を与えたとかそういうのはいらない。あなた自身のことにだけフォーカスして書いてください」とすら書くANOHNIのメッセージは外国語ながら何かの切実さを感じずにはおれず、最終的に自分がずっと思ってきて今も考えてることをありのままに書き、投稿した。チャットツール中心で仕事する人間としては、メールを、しかも外国のアーティストに書くという行為がすごく神聖な行為に感じられた。それから数日して、私はメールを受信した。

f:id:biftech:20170326215354p:plain

受信トレイにこう出てくるの、スゲーびっくりしませんか…!

まあメッセージは当然ながら個別のものではなく「数千ものメッセージ、ゆっくり読んでるやで」から始まる送信者すべてに向けてのものだった。でも、彼女は今どんな言葉が寄せられているのかという説明をしたり、その中でも特に虐げられている人々の声に言葉をかけたりしている。文面には呼びかけのときと同様に彼女の真摯な言葉があった。

そんなことよりも肝心の曲だけれど。最終曲「I NEVER STOPPED LOVING YOU」は「これを聞かせなかった理由とはァ〜〜〜〜????!」とアンちゃん鬼詰め待ったなしなほど、信じられないほど、特段に、美麗いだった。「PARADISE」の6曲を通り越えた先にある、とどめの一撃にふさわしいエンディング曲。もうこれを体験してしまった以上、Apple Musicのやつは「Champagne Supernova」抜きのoasisのセカンドです!みたいなやつ。この曲があってはじめてシリアスな6曲の意味が明らかになるような、そんな感じです。こんなことがあるのか…!

著作者とのコミュニケーションを介した音楽体験

改めましてこんにちは。先日「最近のアーティスト近寄りすぎなんだよ!」とツバを飛ばした本人です。

biftech.hatenablog.jp

関わりを持つことで作品を作品として聴けなくなる恐れがあるのと、まあそれは建前として実際は見つめ合うと素直におしゃべりできないっていう性格上の深刻な不具合のせいで、私はいちリスナーとしての姿勢は崩したくないと思っている。そんなことを先述に込めたつもりだ。でもどうだ。早速ながらANOHNIとの“コミュニケーション”は、正直ちょっと「何か新しいフェーズに向かっているな…?」とドキドキしてしまいましたサセンサセン。

欧米では「リスナーがメアド登録とか一手間かけると楽曲を無料提供」ってけっこう多い気がする。要は「楽曲で小銭を稼ぐより、採取したメアドとかをメルマガ経由の物販とかさらなる実りにしていこうよ」っていうザ・Webマーケティングの手法のやつ。私の実体験だと2009年にFatboy Slimがアルバム「Palookaville」の先行曲として「Slash Dot Dash」の登録&無料ダウンロードがあった。あと、これはライブの話だけど私が2012年に「SXSW」に行ったときは無料ライブのほとんどが事前登録制で、帰国後にメルマガ掃除が面倒だったのをめちゃくちゃ覚えてる。こちらも大人なので、二次利用はぜんぜんオッケーです。

ANOHNIとの件も、上記のような二次利用の素材を提供した格好だ。彼女は我々のメアドと声を吸い上げた。そしてそれは、彼女による次の何かに変わろうとしている。英文メールをまだちゃんと読みきれてないんだけれど、どうもそうらしい。その点ではANOHNIのチェーンはマーケのそれとはかなり性質が異なっている。そしてそれは受けてであるこちらもそう。

ライブのMCでよく「お前らの声がオレ達をもっともっと熱くしてくれるんだァーーーッ!!(※TAKUYA∞さんの声あたりで再生してください)」みたいなのがある。わかっちゃいるけど、私はその言葉を聞いてやっぱり「こちらもーーー!!」となる。ANOHNIとの文通はそれと同じというか、いや、受け手としてはより実感を伴って「自分がアーティストの血肉になれたのかしら」という共犯者のうれしさを得られた形だ。

ANOHNIの今後に注目したい。自分の送ったものがどういう形になって凱旋するのか、めちゃくちゃ気になってる。幸いなことに「PARADISE」の7曲はこうして当分聴ける良作に仕上がってしまったので、それをしっかり聴きながら、私は全力で待機する所存だ。

geo.itunes.apple.com

参考:ANOHNIオフィシャルFacebookページ

片付いていく西荻窪

f:id:biftech:20170320040109j:plain

上京して最初に住んだ街が西荻窪だった。交通の便から中央線沿線でいくつか内見した末、最終的に西荻南の1Rを即決。それは部屋がどうというより、そこに面する「西荻東銀座商店街」ってトンチキな名前が面白いとか、「逆に地元じゃ見ないな」って風情の八百屋、おもちゃ屋が健在だったところを魅力に感じたことが大きかった。

引越した初日はなんと手違いで家財道具が届かず、カーテンも布団もない部屋で独り床寝するハメに。夜が明けると商店街では朝市が始まり、私はお惣菜か何かを手に「今日からこの街にお世話になります」的なことを話し、上京後初めての安心を得た。

東京の一人暮らしなんて、それこそ「ズートピア」みたいな孤独で殴られるはずだろうに、西荻は独特の垢抜けなさでもって私にずいぶん優しくしてくれた。登亭のチキンサラダ、戎ズボンズ遭遇事件、サブカル劇団員の声かけ事案など、私は数々の思い出をしっかり作って1年後に引越し、さらにその10年後に「やっぱり」と戻ってきて今日に至る。

今も西荻窪はいい街だと思っていた。しかし、実はそうじゃないのかもしれない。

駅のすぐ南に小さなアーケードがあり、そこにはピンク色の象が上から吊り下がっている。目の位置は変だしハリボテ製でボロボロなんだけど、そんなものを西荻のシンボルだと捉えてる在住者は少なくなかった。不格好ながらも手作りのぬくもりがあって、それがこの街をいい具合に表したから。

その象が、先日代替わりした。ハリボテからツルッとした不気味な質感にグレードアップし、媚びたかわいさを前面に打ち出した、1ミリもときめかないデザインへの大進化だ。や、それは我慢しても、象には地元不動産屋の非公式キャラクター(それもよりによって象だぜ)がしがみついていて…一体どうした。昨日この目で見てきたけど、あまりに醜くて、怒りや悲しみの気持ちがなかなか整理できずに立ち尽くしてしまった。

少し前、住みたい街ナンバーワンでおなじみ吉祥寺で、無印良品の入ってたビルがまるごとドン・キホーテに変わるというショッキングな出来事があった。駅と公園の間という場所なので、確かに出店先としていい場所だとは思う。だがしかし、ドンキかよ…!そして今も吉祥寺からは調和よりも立地の良さを優先したと思われるチェーン店のオープン情報がコンスタントに届き、その都度私にいい感じの切なさをくれる。

その隣駅の西荻窪もビジネス優先の英断が闊歩しはじめて、もうダメかもわからんね。私は長崎亭の閉店も受け入れ、BRUTUSで「スローミュージックの街・西荻窪」とラベル付けられたときも「CD屋(雨と休日)があるからってだけでは」と思いながらも言いたいことはわかった。最近ワインバルやクラフトビール屋がニョキニョキ生えてくるが、それも大歓迎。「西荻ラバーズフェス」という直球タイトルの無料フェスが行われたのも素晴らしいことだ。時代の波や新陳代謝を、私も楽しんでいると思ってた。

でも、違うんだろうな。だって、そうじゃないと街のシンボル1つ変わったくらいでこんなに気落ちしないもの。当たり障りのない無個性な造形で、広告媒体に堕ちた街の象徴。悪いとこいっぱいだけど、別にそんなもの無視すりゃいいだけだ。なのに、私にはもう街全体の魅力が色あせてしまったように見えてしまう。

よく男性ファッション誌は「使い込むごとに味が出てくる」という口説き文句で男性陣にレザーアイテムの購入をそそのかす(皮なんてほとんどの日本人かむってるのにさ!)が、それと同じ道理か。私にとって愛着はあまりにも大事なものなんだろう。こと私生活においては、効率性やコスパなんかより、愛着はずっと大切にしたいものだったんだ。

さあ春だ、引越し先の検討に入ろう。

3月15日のふたりの女

f:id:biftech:20170316034122j:image

とんでもない日だ。私が好きな女性シンガーソングライター、吉澤嘉代子と大森靖子がどっちも3月15日にニューアルバムをリリースした。

吉澤嘉代子の「綺麗」を聴いたときのファーストインパクトは、大森の「ミッドナイト清純異性交遊」を聴いた日にずっと彼女のことしか考えられなかった程の衝撃とそっくりだった。しかも作品を掘り進めると、ふたりとも人を喰ったようなフィクション劇を展開したかと思えばいきなり「それ…な!」とこちらの感受性を一本釣りする情感な言葉も投げてくる攻撃パターンが似てると感じた。しかもどちらも街としての東京をモチーフにした歌を作ってて、激烈に良いってとこもそうだし、大森がサンプラザ公演で私の目の前を走り抜けたら吉澤はリキッドのフロアを闊歩して私を驚かせるって過活動ぶりもそう。ふたりはなんだかとても似ている。

吉澤のニューアルバム「屋根裏獣」は、1曲目にすっとんきょうな演奏で驚かせて2曲目からひたすら寓話的な歌詞とオールドポップなサウンドでひたすらに振り回してくる小気味よい作品。そして作品ごとにどんどん生身の人間らしさが表に出てくるって傾向は今作にも感じて、特にラスト曲は語り手の自分語りみたく質が違っているのが妙にあとに残る。

そしてもう一方のいわくつきタイトル「kitixxxgaia」は、1曲目に神様という設定とダイジェストみたいな曲展開で驚かせて以降ずっと大森靖子さんお久しぶりです大好きです!!!と言わせてくれる仕上がり。今回もエイベックスの盛り盛りなサウンド(サイバートランス以来じゃないのってシンセ音まで入ってる)と地元に既存アイドルフレーズにとノンフィクションすぎる言葉たちで構成した物語でぶん殴ってくる痛快なアルバムだ。どっちの作品も長く楽しめそうで本当にありがたい。

私は2人のファンであると同時に、いつのまにかこんな感じで常にふたりを並べて見ている。昨年、憧れていた人が亡くなった週の金曜に彼女たちが東京でツアーファイナル公演を行うと知ってからは特にそう。2017年3月になった今、ネットでは相変わらずファンキーな出来事が起こってるし、私自身もずいぶんアレな状態で今日この頃をやらさせて頂いております。そういうタイミングで偶然にもふたりがアルバムを放り込んでくれた。聴きますよ、聴きますとも。

「HiGH&LOW THE LIVE」を観た日はHIROさんに東京五輪まかせようって気持ちで胸がいっぱいになった。胸がいっぱいになったんです。

私は東京ドームで観るライブが好きだ。回転ドアを抜けて1Fスタンド席後方のカーテンをめくり、客席と大きなステージが目にとびこんでくる。その瞬間、景色と時間は日常からライブのそれへと一気に切り替わる。そして客電が落ちるまで、「おっ今日はこんな感じだな」とか思ったりツイートしたりして、観客の一人となってしっかりとライブを楽しむ時間を過ごせる。

でも2016年9月8日の「HiGH&LOW THE LIVE」ドーム公演だけは違っていた。まず把握から難しくて景色とか空気とか置き去りだった。カーテンをめくった先のアリーナ部分、野球で試合やってる部分まるごと何も、ステージらしいものすらない状態。初めてで、唖然とした。それこそドラマや映画で親しんできた複数のアウトローチーム混戦物語という「HiGH&LOW」の世界観に寄せた複数のステージ構成だと思ってたから何もない状態であることの意味がわからなかった。

そして客電が落ちてからの4時間はひたすら「スゲー!」「ヤベー!!」みたいなことしか話せない展開だった。結論からいうと、スタッフ含め100人を余裕で超える人間がパフォーマンスはもちろんのこと、ステージまで自ら場面で組んでいった現場だった。力技ですべてをやり切りやがった。初っ端から「あっこれはきちんと記録せねば」と思ったのに、ろくなことツイートしてない。

本人(@biftech)/2016年09月08日 - Twilog

EXILE TRIBE各チームやゲスト陣が出尽くしたのは贅沢だと思えたし、「R.Y.U.S.E.I.」のランニングマンを周りの人らと一緒にやって盛り上がり「Summer Madness」のはまるでできなくて…とか曲単位の思い出もある。でも、まるで大きな渦を見下ろすとか実写版シムシティみたいな神視点の不思議さが一番インパクトあって、これを書いてる今も再びそれが観たくなり始めてる。あれを「LIVE」という名前で片付けていいの?!と今でも思いながら、あの儀式めいたものをまた観たくて困ってる。

www.youtube.com

あの体験から、2020年の東京オリンピック開会式でEXILE TRIBEより説得力あるパフォーマンスをできるやつなんていないと思ってる。そして中目黒の人たちが式典で舞う姿を見届けることこそ、この時代に生まれたからにはやっとかなきゃ、そんな使命感のようなものも抱いてる。先進性なんかタラレバでよくって、圧倒的なサイズ感と統率力なんだ、数で叩けと教えてくれたのがHIROさんだった。

そんな、自分を変えたステージをフル収録したライブBD / DVD「HiGH&LOW THE LIVE」は本日発売。まだ届いてません。

まずは体験から

現代ビジネスに中川淳一郎が寄せた「『これまでの記事を撤回したい…』沖縄で私はモノカキ廃業を覚悟した」という記事。イデオロギッシュ各位に辟易して色々放言したけど実際に沖縄でいろいろ見たら表題のような心境になっちゃったマンの話、わかるわーと思いながら読んだ。

体験は一番効率がいい。現場に訪れて五感で味わうことは何より響くし、実際に見聞きした人の話は文章テクやネットリテラシーなんて必要なしに届く。

今日みたいな日だってそう。有給消化中に行った東北で、カーナビに「次の信号を右折」と言われたけどそこには信号どころか道がなかったときの絶望感、バーでほがらかに酒を作ってくれてたお兄さんがトーンを変えず「あの日の景色を見て以来まだ日和山には登れないなー」と話したときの哀しさ、高台から眺めて知った波の威力は、今でも折に触れ鮮明に思い出される。

f:id:biftech:20170311153826j:plain

もちろん肝心なのは行動とか執筆とかの「その次」なんだけど、動機も色濃くなるし、すべての始まりには「まずやってみる」が手順としては一番いいんじゃないだろうか。

きたがわ翔「NINETEEN」が復活すると聞いたおれは諭吉を手に立ち上がった

クラウドファンディングが活況です。このペースだとミュージシャンはもう普通にMV撮影費とかファンからの寄付ベースで制作するのが普通って世界になるん じゃないかとすら思います。コミックの事例もけっこう出てきたよねってことで

f:id:biftech:20170305002939p:plain  

 きたがわ翔先生、お久しぶりです!!!まじかーこんな再会かー。

私が鍵っ子だった小学生時代は、年の離れた兄姉の本棚とよく遊んでいたんだけれど、そこで清水玲子とツートップ張ってたのが彼でした。「B.B.フィッシュ」のエロ描写を隠れて読みながら、自分の奥底からじわりじわりと立ち上ってきた名前もなき湿り気のこと、説明はもちろん誰とも共有すらできなくて、今思うと本当に「きたがわァ!」てなる。

80年代に中学生で別マ作家としてデビューし、その後ヤンジャンに移った男性マンガ家・きたがわ翔。好きなアーティストは岡村靖幸!「反町隆史が主演の『ホットマン』の原作マンガ描いてた人だよ」と説明してようやくアラサー以上の人たちにだけわかってもらえるんだけど、違うんだよ。「ホットマン」なんて違うよ、全然違うよ。

彼の真骨頂は、おそらく自己投影と描きたいテーマが存分に発露できてたと思われるヤンジャン時代初期、80年代後半〜90年代前半の作品。「こじらせ」って言葉が初潮を迎えてすらいない頃からバンバン描かれてたナイーブな男子や身勝手な女子、デザイン校の出自が色濃い謎のポージング(彼の絵のあれこれは割愛)、自然と取り込まれてるバブルとトレンディドラマの雰囲気。「退屈な日常での出会いやら何やらを激情という概念で殴っていく」で片付けられる最近の青春マンガとは毛色の違う要素だけで構成されてる。たぶんだけど、いま逆にアツい。

彼の作品の中で2つオススメがありまして、ひとつが「C」というオムニバス作品。これはCすなわちCOMPLEXってことで、本作では4種類のコンプレックス物語が3、3、3、1巻で描かれてる。1〜3巻「男性失格」のインポお兄さん劇場と、4〜6巻の天才絵描きのルサンチマンストーリー「マゼンダ・ハーレム」こそきたがわ先生の真骨頂と呼びたい。「マゼンダ〜」なんてラストのカタルシスに長い間ときめいてたもんだから、モノを溜めない暮らし心がけてる今でも本棚にブッ刺さってるよ。

そしてもう1作こそ、今回のクラウドファンディングでやってる「19〈NINETEEN〉」ってトレンディ恋愛マンガの案件なんです。バブルの青学(✕セーガク)に代官山を足し、ゲイ店長がやってるケーキ屋でバイトするイケメン&気の小さい青年が女にモテるけど煮え切らない続きの中でポエムを編む最高最高最高の名作。これがヤンジャンで連載されてたとか本当に夢があるなー当時の日本。それが復活するってんだからもう即課金だよ今のおれ!説明文とか読むよ!

faavo.jp

30年ほど前、私の初めての週刊連載作品『19NINETEEN』が誕生しました。主人公のバイト先”do”という名前のケーキ屋を通して19歳の主人公とその恋愛を含めた日常を描いた作品の続編読切として、『19 FOREVER』は8年ほど前に発表されました。

割と評判が良くて、”この続編の連載を!”と編集さんに希望されていたのですが、なかなか自分的にうまく描けず、長いあいだ頓挫したままでした。

読切の主人公である久保田は四十歳過ぎてややくたびれた中年男になっており、結婚はしているが子供には恵まれておらず、体の不自由になった父の介護をしている、というかな~りリアルな設定になっていて、この久保田を主人公にしたエンタメ作品を連載で作ることは正直かなり難しかったのです。

描いても描いても自分的に納得がいかず、ずるずると年月だけが経ってしまいました。

それが最近になって、そうだ! こんなふうに描いてみたい! というひとつのアイディアが浮かびました。
それは脱サラしてケーキ屋の店長となった久保田のお店に成長したキャラクターたち(『19NINETEEN』以外の作品を含む)が入れ替わり立ち替わり訪れる、というものです。

ジュリアン・デュヴィヴィエの古いフランス映画、『舞踏会の手帳』みたいな感じで。

でも…皆様もお気づきの通り、これを現在商業誌で発表させてくれる場所はなかなかありません。

はっきり言ってこれは現在の読者様ではなくあの時代、私の作品をリアルタイムで読んでくださっていた読者様限定の作品だと言い切っても過言ではないからです。 

あっ、はい。これ、すごくジャッジが難しい案件じゃないすか…。

あの頃のマンガが加齢臭をまとって現在にバックアゲンした事例としては「東京ラブストーリーAfter25years」がすでにあって、あれまだ私は1話しか読んでないけど「ああ、こういう形のツーショットになるんだ!」って思えました。自然な感じや距離感が意外性ありつつ納得できたんです。でもなんか…ファンに向けられても…って思うんだけど……どうなんだろうな…!

実は私「ホットマン」あたりから彼の作品をほぼまったく読んでないです。キャラクターに共感できなくなって、絵だけが悪目立ちするようになっちゃって。数年前に「池袋ウエストゲートパーク」とか矢沢永吉「成りあがり」のコミカライズ描いてると知っていよいよ卒業した次第でした。だからクラウドファンディングでお声がけしてるって知り応援したくなったけれど、いや正直めちゃくちゃ迷った。しかも支援プラン1万円、7万5千円、100万円の3種類て…!先生、今バブルじゃないんだよ!CAMPFIREとかでいろいろ案件見てくれよ!!この値付けを見た瞬間にこっちは先生がよく描いてた「1ページまるごと使ってショックな表情」みたくなったわ!!!

 

と、思ったんですけどね。結論としては、わたし支援します。

 ヤバくないですか。久保田一至が今こんな感じなんですって。当時のほうが目元大人びてない?とかもちろんあるけど、なんか全然雰囲気違くて、すごくいいよね…それだけ一至にもきたがわ先生にもいろいろあって、今ようやく新しい物語を見せてくれそうやね……!ということでやりますよ私。やったろやないか。こないだ買った「HiGH&LOW THE MOVIE」豪華版Blu-rayですら超えなかった1万円の壁を、まだできあがってもいないものに出すんや。母ちゃん、あんたのお子さん大したもんや!今夜はジャンボ大盛りだ!!

実は100%自分の金で出費するクラウドファンディングはこれが初めてでして、支援に対し正直これだけ勇気が稼働するなんて思いもよらなかったなーという気づきも含め、2017年に私の人生がまた一歩進めた気がします。この先のことを報告するかどうかわかりませんが、2017年が少しでもいい年になるといいなと願って、第一報を終えます。

ぜんぜん関係ないけどこのツイートで「華麗なる食卓」のふなつかずき先生が熱めのリプを飛ばしていたので大変ぽかぽかしました。