グッドジョブ本人

こんなにも世の中には良いものや面白いものがあふれていたということをやんわりと残す

小沢健二の古さ、インターネットの良さ

先週行われた音楽ナタリーの小沢健二×大山卓也のチャットが面白かった。

natalie.mu

2人がリアルタイムに文字を入力して交流するのだけれど、話題の切り換えタイミングなどやり取りがちょいちょいズレる。メッセンジャーアプリで「だれそれが入力中」というダイアログに気付いてそれを待ったら相手も黙って…みたいな噛み合わなさを夢中で見てた。

私は2017年になってもまだオザケンをちゃんと知らない。球体が奏で始めたあたりから入り口を見失い、そのうち所在もよくわからなくなり、久々にお見かけしたと思ったらずいぶん崇高な存在になりはってアアという具合で。そのおかげで、私は彼のことを「私の好きな人がみんな好きなレガシーおじさん」として見ている。おじさんのは配信で聴けないし、情報発信の仕方がいつも回りくどい。そして今回はCDショップ泣かせなシングル突然発売とか、Mステでポロリとフジロック出演のことを話すとか…あざとい!ザ・Web1.0なチャットも…おれ、どうにかなりそうだったよ!

f:id:biftech:20170226211630p:plain

こういう、一方的にチャットから出るんだけど最後は自分だけのスペースにする感じとかな!でも、そんなオザケンの“アーティストシップ”に「出、出たー犬は吠えるがキャラバン進奴ーーー!!!」てなりつつ、やっぱこっちのほうがアーティストとしては理想だなーと思った。だってもし私が彼の音楽を聴いてたとしたら、オザケンのこの絶妙なファンのくすぐりかたに触れて心を乱され続けたいと思うもの。サプライズと憧れを適度に放り込まれたら、ずっと京極さんみたいな気持ちでいられそうじゃないですか。あとおれ、好きだったラッパーのツイート見て好きじゃなくなった経験あるからほんと「必要以上にステージ降りてくんな!」っていつも思ってて。だから、この小沢健二の“戦略”は、すごくいい距離感から欲しいものだけを届けてくれる素晴らしいデリバリーサービスだなあと。

個人的に、インターネットは00年代のWeb2.0病にやられたあたりから結構おかしくなった気がする。届け手と受け手がしっかり区分けされてたのが、いつのまにかステージ上で輝いてた存在マンがエゴサして片っ端からいいねするとか、アーティスト以前に直接の知り合いでもないような人がいきなり不躾なコメントを投げるとか。個人の感想ですが、マジなんなんだろう。

きっと小沢健二という人もそういうことの厄介さを知っていて、だから今さらTwitterアカウントを開設しましたなんてやんないだろう。SNSみたいなネットの相互性はクローズドな範囲でしか利用せず、彼にとってのインターネットはあくまで90年代的な公式ホームページ的活用に留めてファンを魅了していくはずだ。そんな彼にいいねボタン鬼押しして、2017年のインターネットをこれからも眺めていきたいです。あと今年こそ聴きます、ちゃんと。

コミティアの「あ!やせいの面白さがとびだしてきた!」感はYAMITSUKI

東京ビッグサイトで行われた自主制作マンガの展示即売会・COMITIA119に行ってきた。コミティアってのはプロアマを問わずでマンガ描きたちが自由で新鮮な個性を爆発させる舞台であり、マンガ読者にとっては宝の山でつまり出会いの場だよ!

f:id:biftech:20170212210221j:plain

戦利品の一部はこちら。コミケ以来のビッグサイトは相変わらず奥までたっぷりと人、という具合で、A〜Z、あ〜わと東館にずらり並んだ長机を眺めていたら時間があっという間だったから西館の二次創作系イベント終わってたよね。もうめっちゃくちゃ大ボリュームでした。

一応ジャンルは区切られてるけど、それぞれのクオリティは玉石混交。売ってるモノもぜんぜん違っていて、マンガひとつとっても単にコピー機で刷ったものをホチキス留めしたものもあれば上質な紙でしっかり作り込んだものもあり、だからといってそれが作品の面白さに直結もしないっていう。編集者の介在しない、一人ひとりの作りたさが同じテーブル横一列に並んだ状態。隣では美大の友達がキャッキャ言ってにぎわってて、その隣では単身でうつむきながら「これを読ませに来たんですよ」と静かな闘志みたいなものをにじませる。このインディーな雰囲気が、自分の中に大なり小なり住んでる「作りたさ」に喝を入れてくれるんだわ。

あと、私は作家さんと何話していいかよくわからんから何もしてないけど、直接いろんなやり取りできる点も即売会ならではなんだろうなと思う。それに会場の隅には出版社のマンガ誌編集部が出張ブースを出していて、若き才能をチェックしてくれるらしい。商いらしさが薄くて、誰を大切にするイベントなのかがハッキリとしているところも素敵だ。

f:id:biftech:20170212215051j:plain

面白かった作品をいくつか。松村(生活学習)の「ビーマイ別次元ラヴァー」と「再会」。机にはエロ描写のないBLラブコメ作品が並んでて(そういうのが好き)、どれも節回しなどが小気味よい。一冊一冊を立ち読みしてたらキリがなかったので、「次回また続きを!」と思い連作の上巻だけ購入した。

f:id:biftech:20170212215106j:plain

しらいしかずやの「餃子のZINE」は、名は体を表わした感じの内容。味にフォーカスが当たりがちな食べ物を文化から捉えたとの説明通り、いろんな店の餃子の写真がひたすら並ぶだけの #AJIWAI 案件。

f:id:biftech:20170212220936j:plain

中央線マンとしてはタイトル買いするしかない神山かめこ(画)、きた菊子(原案)の「中野区ウエストサイドストーリー」。日常の切り取り方が絶妙で、帰ってきて茶を飲みながら読んでしみじみと幸せを噛み締めた。でもこれ実は無料でもらえたやつで、本当は新作を持ってくる予定だったのかしら。お詫びとして写真右のペーパーもいっしょにプレゼントされた。

 コミティアで面白かったのは、こういう「間に合いませんでした」報告。会場内には落とした人が少なくとも10はいたんだけど、このサークルのようにペライチを持ってきたり、描き下ろしのサーセンイラストを用意したりとみんなあの手この手で申し訳なさを表現していて最高だった。商業作品だったら死刑だろうけれど、ギロチン台に上がる編集者もいないし自分でゲザる場としてもブースを使える。よくないけどいいぞ!!

f:id:biftech:20170212222219j:plain

f:id:biftech:20170212210307j:plain

イラストものもいくつか購入。予想に反してosatsu(上)、樋口実季(下)のように洒落っ気のあるサインペン画っぽいタッチの作品もいくつかあって、お兄さんがたの裸や単眼萌え絵はまだ魅力に気づけてない身としてはうれしかった。

f:id:biftech:20170212215127j:plain

で、まあ一番の目的はにくまん子の新作です。今作も「ストロベリー・オンザ・ショートケーキ」の真ん中あたりのようなディストーションありがとうございました。本当にありがとうございました。私は大好きです。

などなど。それらを回って「やらかしたなー」と思ったのは自分の準備不足ぶり。手ブラで行ってしまったんだけど、梱包なんてあるわけないんだからバッグとかを持参すべきだったし、冒頭に書いたように時間が…出展者がとにかく多いので事前にカタログを購入してアタリを付ければよかった。反省。

コミケやインターネットヤミ市で知った「あ!やせいの面白さがとびだしてきた!」感。それは今回のコミティアにもその魅力がすみずみに満ち溢れていた。私は今から次回が楽しみなんです。

f:id:biftech:20170212210320j:plain

正しいのはどっちだ問題20周年記念

f:id:biftech:20170212002640j:image

中学時代、私は気まぐれベースで竹刀を振る幽霊剣道部員だった。夏休みとかまで学校なんて行きたくないし、胴を外された時の痛みとかは絶望的だし。そんな調子で、2年間はやんわり所属スタイルで過ごしていた。

3年生になってすぐだったか、なんでもいいから殴らんといかん程度にムシャクシャしたので武道館に足を運んだ。そしたらその日、なぜか当たり稽古でうまい具合に面胴小手がどんどん決まり、そのままいきなり剣道が面白くなった。剣道部は、文化部の少ない母校において、定員にあぶれた愚鈍マンの巣窟。なので真面目に取り組みさえすればどんどん勝てるようになってくる。これ実力的にはいけるんじゃと思い、同じくらいの熱量だった先鋒の子に「試合して勝った方が団体戦の大会にってのでどうです?」と聞いて即OKをもらい、即勝った。

嬉々として先生にその旨を報告しに向かう。職員室で、ルコックかFILAを着たチンパンジー的な竹田先生に「自分はいま剣道がすごく楽しい」「当事者間では合意に至った」とプレゼンした。猿よりも若干白目が多いかな的な竹田は、表情をちっとも変えず話を最後まで聞いて言った。「お前を大会には出さない。だってこれまでぜんぜん部活に来てなかったじゃないか」。

先日、誕生日を迎えた。この年ながら、今も「また1つ大人に」と実感し、その都度、あの職員室を出て即トイレに籠もって泣きじゃくってた自分にどんな言葉をかけたらいいのかしらとも考える。実力がモノ言う派、正しさは重要視すべきだ派。誰が、どちらが正しいのか、まったく答えが出なくて、今年も相変わらずだったな。

刺激と人情劇のセンダイガールズプロレスリング新宿FACE大会興奮記

f:id:biftech:20170122233826j:plain

渡りに船的なアレで足を運び、初めての格闘技体験をした仙女の1月9日新宿FACE大会の話を。

会場が新宿リキッドルーム跡地ということで「壁が黒い☺」って懐かしさ、そこに500人ぽっちしか入れず至近距離で拝ませてもらえるということに喜びながら開演を待つ。客電が落ち、冒頭の選手紹介コーナーに。「意外と小さい」「お腹まわりに人間らしさが」など不躾な感想を抱きつつ、同時に観客のアットホームな合いの手(野次)に和む。会場の湿気は音楽ライブとはかなり感触が違っていた。

私はこの日の出演レスラーについてはアジャ・コング(仙女所属ですらない)しか知らなかったけれど、結果的に予備知識は無くても存分に楽しめた。例えば私は「今日は成人の日。私は新成人なんで勝ちたい」と言っていた白姫美叶に自ずとフォーカスを当ててた。以前Twitterでサブカル職人が同窓会とか成人式参加について言及してたことが記憶に残ってたし、行く派の私は、行かない選択肢を歩んだ彼女の心中をやんわり察したというのもあって。

f:id:biftech:20170122233555j:plain

そんな推しの白姫が登場した第一試合、すぐのこと。ゴングのアナログな金属音に「本物!」と思った次の瞬間、最初の試合の最初の攻撃だった。アニメやドラマの「ビシッ」とか「ドガッ」よりもきちんと生々しい打撃音と、床と空気が震えたことに対して反射的に「うわっ!」と声を上げた。同行者もそうだった。これがプロレス、これが格闘技!もうこのファーストインプレッションだけでも取れ高は足りる。新しい刺激を受け取った瞬間特有の高揚感でいっぱいになった。

そこでテンションがハイになったのか、時間の進みが早く、感情の動きがダイナミックになった。第1試合は最終的に新成人・白姫が承知。彼女にとって初めてだったらしく、それがどれぐらいの悲願だったのかを物語る彼女の姿を見ながらこっちも涙ぐんだあたりで「おやっ」と思ったけど、第2試合で審判と「出身地は魔界」カサンドラ宮城とのコミカルなやり取りにケラケラ笑ったり、志田光が竹刀を振り下ろしたときに「痛い!」と思わず口にしたり。もうなんか試合とそこに寄りそうストーリーに一喜一憂するのが忙しいのなんの。里村明衣子が凛とした佇まいで相手を見据えるだけでドキドキして、先日引退した木村響子に挑むDASH・チサコの表情に凝縮されるこれまでのドラマに感慨を催した。そして最後の試合におけるアジャ・コングの圧倒的な強さ!彼女がタイトルマッチを経てチャンピオンベルトを手にしたところで「もう終わりか!」と再び驚いた。

f:id:biftech:20170122233609j:plain

直接的な刺激、濃ゆいドラマ。こうして開いた格闘技はどうやら魅力がすごいらしい。どんどん深掘りしてみようと思う。

歩みを止めないTHE YELLOW MONKEY、「Four Seasons」まんまの雨宮まみ

再結成したTHE YELLOW MONKEYが、2度目となるツアーをスタートした。主要都市のアリーナを経て地方都市のホールを巡る彼らは、今回も観客に「ただいま!」と言って懐かしの楽曲を次々と演奏する。このツアーのセットリストはヒットソング祭りではなく90年代から追い続けるファンへのご褒美みたいな内容で、私は中学時代ぶりに聴く曲なんかに大感謝祭スタイルキメながら、今のイエローモンキーに抱く新鮮さというものを改めて実感していた。

例えば解散前は一度もライブで披露できなかった別れ歌「プライマル。」を2016年ツアー最初の演奏曲、再会を象徴する1曲へと着替えさせたように、再集結イエローモンキーは本人やファンがほろ苦い想いを背負わせた曲をどんどんどんどん祓っていく。一度貼られたレッテルを剥がし、楽曲や自分たちをドラスティックに更新していく様子を毎回目にすることができるなんて、なかなかない機会だと思う。だから私は今こそイエローモンキーが見逃せないでいるわけで、このツアー終わったら年末には武道館で恒例コンセプトライブ「メカラウロコ」でしょ?大晦日紅白だし年明けたら幕張CDJで…アニバーサリーイヤーらしい2017年はもう絶対東京ドームだよね!だって解散前ラストライブのギグ場だもん、絶対やってみせるよ猿たち~~~~~~~~!!!!!!!!

雨宮まみさん、私はそんな話をしたかったのです。会ったことない私たちがインターネット以外で唯一近付けたブロスのコラム、こんなひょっとこをめちゃくちゃ丁寧に誘いつつ「おれたち同じリングで書くんすよ!!!」と小気味よく発破をかけてくれて。なのに誌面での日記帳しばき合いマッチは決着が付かなかったから、私は「自分、今回のツアー行けたんで…(パンフをスッ)」とマウント取るつもりだったのに!数日経った今夜もひたすらに悲しくて、いつかの口(ですらない)約束を交わしっぱなしにしていた自分への悔しさにもたまらないでいる。

少し前のこと。THE YELLOW MONKEY復活ライブを初めて観た翌月に、私は雨宮さんにも再集結バンドとまったく同じ感動を抱いたことがあった。Web連載「40歳がくる!」第2話だ。

www.daiwashobo.co.jp

ボイトレを通じて自らが変わる瞬間をありありと描いたテキストは、私に「自分を更新する」ということの大変なむずかしさ、達成感のハンパなさを刺激的に教えてくれた。「なんか2016年の音楽すごい!と思っていたけれど、それだけじゃないな!今年は人間がすごいな!」と思ったし、育みをもったコンテンツのリアルタイム更新をこれからライブとテキストで眺めていられるってことにすごくワクワクした。していた。

そして昨日のこと。とあるイベントに足を運んだものの、まったく気乗りしないどころか、聞こえてくる会話の節々に雨宮まみが連想され泣けてしまう始末だった私は、結局途中で会場を後にした。しかし自転車にまたがったあたりで、いま自分が雨宮さんから「ここやばくないすか。持ち込みOKなんすよ」と教わっていたカラオケ店の近くにいることに気付く。「こうなったらとことん!」と気持ちを切り替え、私はコンビニでちいちゃいウイスキーのボトルを買ってからカラオケ屋に入店。幻のイエモンカラオケ会のゴングをひとりで鳴らした。

誰も「Are You Ready Spark!」と言っちゃくれない2時間は、思ってた以上に悲哀に満ちた。「このバンドこんなに生きるとか死ぬとか言うのか!勘弁しろ!」と思ったし、「花吹雪」で「雨上がりのアスファルトが嫌いになりそうなエロティックな香り」の部分ホントやばいよねって書いてたねそう思ってたんだ私も!みたいなログがDAMの字幕とともに流れたりで、しかもテーブル席の向かいには誰もいないしでもうビシャビシャだった。歌いながら気付いたけど「Four Seasons」の歌詞なんて彼女そのものやないか。そんなふうだから、商業エッセイだと「カラオケ店を出た。月が綺麗で、私は不思議と安心した」みたいなところに着地するであろう退店時に、私はベロ酔いのまま友達にLINEをぶつけるという試合運びをキメた(ログは怖いからまだ見返してない)。 

このあいだ友達が自殺し、悲しさと、遺された者が抱える疑問符の重たさを痛いほど知ったばかりだ。同時に「でも普通に自分は生きてるし、明日も来る」ということも。だからもう、雨宮さんに吉澤嘉代子の「東京絶景」という曲を聴くたんびに雨宮さんの東京ってこんなふうかな?っていつも思うんスよと話すチャンスは来ないし、「40歳がくる!」で撮ったという写真の表情だけでも見せてくださいと大それたお願いをすることもないとわかってる。3.11を経てあれほど誓った「今やれること今やろう」をないがしろにした結果のルートなんだこれはと受け止めた。この悲しい気持ちはこれからも続く。

でも、ここで留まっていたら、それはいよいよ本当によくなくて。あの人が命を削るように書いてきてくれたものを受け取ったファンの1人としては、ここをきっかけにして何らかの更新につなげていこう。共通項としてあったあのバンドは幸いにも解散しないそうなので、折に触れるチャンスにも恵まれているぞ。そうだそうだ、おお、なんかテンション上がってきた!今夜準備ALRIGHTだ!

にくまん子のマンガを読むためにインターネット始めたのかなと思うんだ私は

f:id:biftech:20161113191235j:image

日本橋ヨヲコ「G戦場ヘヴンズドア」の中にある印象深いシーン。バスの中で久美子がマンガを読み、(おそらく)自分とその作品内容のシンクロに気付いて「なんでわかるの」とさめざめに泣くってやつ。そういうのあるでしょ、体感した瞬間びっくりすると同時に安寧みたいなの訪れちゃうでしょ。

感動の仕方は何種類かパターン化されてる。その1つに、共感からくる震えってのがある。東京暮らしが長いからこそ「ズートピア」序盤からグッとくるとか、普段「好きな人やものが多すぎて 見放されてしまいそうだ」と思ってるからこそ次の瞬間のギターが格別に気持ちいいとかそういうの。そんな「作品が代弁してくれる感」は良さがひときわすごい。

そこで、にくまん子先生だ。最初の出合いはTwitterで、時間帯は当然夜中。

最高だ!!!

最高だ!!!!

最高だ!!!!!!Twitterに上がってた画像の色々がいちいち優勝してた。あの、だいたい学生時代とかで経験する、ほろ苦くて投げやりなフィジカルマター。それが1ページや1枚絵でこうもありありと描かれるなんてな!こういうのあったわ!あったか?的な。魚喃キリコが思春期殺しを連投していた頃は幼すぎて共感できなかった私が、今にくまん子先生にめった刺しされてる。というか、にくまん子は女性のだけでなく男性の肉感的な心情描写もリアルに表したものを出すからすごい。

あと、よく見てるのもすごい。物事をつぶさに捉えていて、描き方は絶妙。だから彼女(彼?)のマンガやイラストは湿気があって、ユーモラスで、気持ちいいくらいに気持ち悪い。

ああ、もう。ひたすらに好き。タダで読ませてくれて、本当にありがとうございます。

そんなにくまん子作品はコミティアで買えるらしくて、でも私は行けずに切なさを募らせていたら、あるとき縁あって手にすることができた。

この作品。Twitterにアップされていた部分だけで「にくまん子節炸裂ですなあ(ニヤニヤ)」とか言ってて本当に申し訳ございませんでした。本編は、ワセジョがよく陥りがちな類の恋物語を大きく飛び越え、SFやら旅情やら何やらが無遠慮に詰め込んで、でも、ラストではあっ胸を穏やかな風が通り過ぎた…みたいな心地よいところに運んでくれた。そんな奥行きのある作品を読みながら、「そうな、おれたちはいろんな人と出逢って別れて、その都度こんなふうに気持ちを巡らせてきたもんだよな…!」と懐かしさに襲われたのがこないだの話です。

そんなわけで、私は「とおくとおくとおくのほしきみはしらないしらないわたしのはなし」を強く強く推す。にくまん子作品は通販で買えるみたいなんだけど、この作品は売り切れで。

alice-books.com

でも1人でも多くの人に読んでもらいたいし、皆さまにおかれましてもどうか「読みたい!」と言い続けた私と同じくらいには入手に苦労し、身悶えてほしい(渇望感は青春のスパイスだと思うので)。とりあえずTwitterをフォローするところから始めて、良いなと思ったらにくまん子大全集をまず購入してみては。

ここで荒れ果てたTLにToshl様が

音楽が好きな子だった。いやかなり音楽が好きな子だった。私の"界隈"に大体いた子で、どころか私が追いきれてないアイドル現場(しかも男女両方)だってさかんに足を運ぶ子だった。夜になるとTwitterで読み手が気持ちよくなるくらいにアイドルだかバンドだかへの好きをダダ漏らすのが日課みたいな子だった。その一方で実際会えば控えめで、とか言いつつ好きなものの話題でスイッチが入るとすごい子だった。私の"界隈"に大体いた子だった。

本日の東京は実にスカッとした快晴で、ビルから青一色を眺めたとき「めちゃくちゃ果てしないな空」と気づいて怖かった。ほら距離感とか終点が想像できないって怖いじゃないすか。で、今度は視線を落とす。豆みたいな人、いろんな人たちがワラワラ動いてる。そこから急に1人いなくなったらと考える。普通人はいなくならないからいなくなったら怖いなーと思いました。

みんな口を揃えて信じられないって言ってますよ。あとさみしい。話を聞いてから今日ずっとうわついてて、全体的にちょっと血を抜いたみたいな体です。痩せる。私のような距離感キメてた人間でこうです。

同じようなことをもし検討してる人がいたら。自分マジで「大丈夫?話聞くよー?」みたいなの割とやれるんで本当にお願いしますね。当方ほんといろいろやれます。和食中心に汁物とか自信あるし、飼ってる猫もかわいいから見てみて。あとコミュニケーションは多様化してなんちゃらみたいな話あるけど少なくとも自分とか界隈は意外と全然そういうのない